HOME > ブログ > アーカイブ > お知らせ > 「柴犬の問題行動と飼い主のしつけへの意識に関するアンケート調査」ご協力のお願い

介在動物学研究室のブログ

麻布大学 介在動物学研究室ホームページをご覧の皆様へ
アンケートご協力のお願い


 この度はアンケートにご参加頂き、ありがとうございます。

 犬のしつけには、人と犬の利害をいかにして一致させるかという発想が重要であり、望ましい行動を放置せず良い結果を与えて促進し、不都合な行動は成功体験をさせないことが重要です。どれほどの一般飼い主がこの理論を意識しているのか把握し、飼い主のどのような行動が攻撃性のある問題行動につながるのかを調査するため、本研究を行っております。

 お手数おかけいたしますが、ご協力よろしくお願いいたします。

柴犬の問題行動と飼い主のしつけへの意識に関するアンケート調査

 ◎アンケート調査の概要

•対象:柴犬を飼育している家庭において、いちばん世話をしている方

•アンケートフォームにて各質問の説明に従い、回答をお願い致します。

•記入によって得られた個人情報は目的外に使用することはなく、また私の卒業論文以外に使用することはございませんのでご理解のほどお願い致します。

•実施期間: 2016年8月1日~12月31日

アンケートは終了いたしました。
ご協力ありがとうございました。 


TOP